ロエベがスペシャルな夏のミュージックトラックをリリース。ミシェル・ゴベールとコラボレーション

Fashion Fashion

ロエベ(LOEWE)がスペイン・イビサ島のイビサ現代美術館内にサマーショップをオープンしたことを記念し、特別に制作された夏のミュージックトラック『Close to Paradise』をリリースする。

作曲とプロデュースをベルギー人ユニットのソウルワックス(Soulwax)が、キュレーションをサウンドプロデューサーであるミシェル・ゴベール(Michel Gaubert)が担当した同トラック。1970年代から80年代におけるイビサ島のワイルドな夜を思い起こさせるキャッチーなサマーチューンで、4人の地元のキャラクターが折衷し、イビサ島の奥深い魅力をそれぞれの視点で語っている。

また、数量限定のレコードは、アートワークはパリを拠点に活動するイル-ストゥディオ(Ill-Studio)が、プレスはイギリスの独立系ミュージック&アートプロダクションであるザ・ヴァイニル・ファクトリー(The Vinyl Factory)が手掛け、レーベルのDEEWEEとのコラボレーションとしてリリース。SoundCloudとDeewee.comにて聴取可能だ。

8月からはiTunes StoreとSpotifyでもダウンロードでき、iTunesでの『Ibisa Close to Paradise』は12のチャプターで構成されるデジタルブック。イビサを象徴する12ヵ所の場所と16名の有名人にフィーチャーしている。1960年代、70年代、80年代のヴィンテージ写真とともに、貴重なオーディオインタビューも聴ける。

なお、ロエベはゲラン コレクションとパウラズ イビサのヴィンテージアイテムにおける2つのエキシビションを開催。8月末まで、「パズル パウラズ イビサ バッグ」(33万3,000円)などを提供するポップアップストアをオープンする。

《HEW》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト