Y-3、スポーツスタイルの核心を再確認し未来へと進む【2018年春夏コレクション】

Fashion Collection

ワイスリー(Y-3)の2018年春夏コレクションが6月25日、パリの「シテ・ドゥ・ラ・モード・エ・デュ・デザイン(Cite de la Mode et du Design)」で開催された。

今シーズンは、ブランドとストリートカルチャーとの結びつきに再びフォーカス。スポーツスタイルの核心とビジョンを再確認することをテーマに掲げ、アディダスのシグネチャー「スリーストライプス」を再構築した力強く都会的なルックが並んだ。

始まりはリラックスした黒のワードローブ。ピッチの異なるスリーストライプスが、変則的なパターンのワンピースやオールインワン、トラックパンツなどに施され、ランウェイを躍動する。タイベック素材のベンチコートやクリンクルの質感を強調したフライトジャケット、誇張されたシルエットのボマージャケット、シームレスなフーディーなど、アウターのバリエーションも多い。続く白とグレーのルックの後は、ブランド創設以来のコラボレーターである服飾図案家・林大史による総柄のボタニカルプリントが登場。ロング丈のボタンダウンシャツ、ボーリューミーなサルエルパンツ、クロップドジャケットの全面に贅を凝らしたプリントが施され、春夏らしい開放感を演出した。

Tシャツにもヤシの木や野生の動物など、ジャングルを想起させるモチーフが描かれ、近未来的なブランドのイメージとは対極のムードが差し込まれた。オリジナルのグラフィックモチーフでブランドのステートメントを表明するアプローチも新鮮だった。

今シーズンはフットウエアも大胆に刷新。アッパーにロゴを配したスリッポンタイプのトレーニングシューズ「スベロウ(SUBEROU)」、トレッチキャンバス地にレザーとラバーを組み合わせた「バショウ(BASHYO)」の他、アディダスのBOOST(TM)フォームを融合した新しい「サイコウ(SAIKOU)」、サイドレースシステム採用の「クサリ(KUSARI)」など幅広いレンジを発表。バッグでは、定番のバックパックやボディーバッグに加え、大容量のナップサックが登場した。

《Akiko Hanazawa》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト