クチュール技術を凝縮したバルマン的戦士たち【2018春夏コレクション】

Fashion Collection

オリヴィエ・ルスタン(Olivier Rousteing)によるバルマン(BALMAIN)は、パリの旧ポトキ伯爵邸、現商工会議所のホールを会場に6月24日2018年春夏コレクションショーを開催した。

ルスタンは常に、人々が何をどのように装っているのかを熟考してきたが、今シーズンは今自分が着たいと思うものをデザインしたという。シャープなシルエットでカラーパレットは抑え目。フランスのテーラリングとレザーアイテムの技術力の高さを見せながら、ミリタリーの要素を配してバルマンらしい現代の戦士をイメージしている。

唐草モチーフのシリーズでスタートしたが、ニットやレーザーカットレザーなど、様々な素材で緻密に表現。ウィメンズのドレスも、メッシュとレザーを刺繍で繋ぐという、気の遠くなる作業を施している。レースアップでパーツを繋いだレザーのトップス、さらにチェーンをかませたレザージャケット、鎖帷子のパッチワークジャケットなど、クチュールメゾンらしい手の込んだアイテムが目を引くが、シンプルなパイピングジャケットや、ツイードのブルゾン、ムラ染めのコートなど着易さを前面に出したアイテムの完成度も高い。

差色として赤、そしてデニムのブルーが見られた以外は白黒で統一し、色数を少なくすることでメゾンのテクニックが際立つ結果となった。

《Tomoaki Shimizu》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト