過去最大級レアンドロ・エルリッヒの個展が森美術館で開催、8割の作品が日本初公開!

Art Art

東京・六本木の森美術館では11月18日から2018年4月1日まで、現代アーティスト、レアンドロ・エルリッヒの24年間の活動を紹介する世界最大規模の個展「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」が開催される。

日本では金沢21世紀美術館に恒久設置された「スイミング・プール」の作家として知られ、国際的に活動するアルゼンチン出身の現代アーティストであるエルリッヒ。視覚的な錯覚や音の効果を用い、自分が見ていることは果たして現実なのか、という疑いを抱かせるとともに、いかに無意識のうちに習慣にとらわれて物事を見ているかという事実に気付かされる作品を発表している。

同展では、1995年から2017年までに制作された作品から約40作品を紹介。「反射する港」や「試着室」など、8割が日本初公開の作品で構成され、今回のために作られた新作「教室」も発表される。日常にあるものが題材となっているため、誰でも楽しむことができるうえ、撮影可能の館内では、体験型インスタレーションなど“インスタ映え”する写真を撮ることができる。背景に社会的なメッセージや批評性が隠されている作品を通し、曇りのない目で物事を「見る」ことで、新しい世界が現れることを体験できる機会となっている。

【展覧会情報】
「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」
会期:11月18日~2018年4月1日
会場:森美術館
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階
時間:10:00~22:00(火曜は17:00まで、入館は閉館の30分前まで)
入館料:一般1,800円、高・大生1,200円、4歳から中学生600円、シニア(65歳以上)1,500円
※会期中無休

《HEW》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト