パフェグラスの下層までおいしい!旬のフルーツが盛りだくさんの「真夏のパフェフェア」が資生堂パーラーで開催中

Life Life

資生堂パーラー 銀座本店サロン・ド・カフェでは、旬のフルーツを使ったパフェ全6種を2期に分けて3種ずつ提供する「2017 真夏のパフェフェア」第1弾を7月30日まで開催している。

“最後まで美味しく味わっていただきたい”という想いを込め、すべてのパフェにパフェグラスの下層までフルーツゼリーや果物のコンポートを盛り込んだ同フェア。第1弾は、東京では入手困難な和歌山県産のブランド桃「あらかわの桃」を使用した「和歌山県 酒井農園産 あらかわの桃パフェ」(税込2,160円)や、太陽の光をたっぷり浴びた沖縄県産アップルマンゴーを使った、南国気分が味わえる「沖縄県 八重山諸島産 アップルマンゴーのパフェ」(税込2,580円)、そして美味しさが凝縮された大粒のブルーベリーをシャーベットやクリーム、ゼリーに使った「岐阜県 揖斐郡産 ブルーベリーのパフェ」(税込1,890円)の3種が登場する。

さらに、創業115周年を記念し、同店専用のハウスで採れた「夏秋いちご 恋姫」をソースにまで使用した「長野県 信州畑工房産 恋姫のストロベリーパフェ」(税込1,890円)も用意され、銀座の夏を満喫できるラインアップとなっている。

なお、第2弾は8月1日から31日まで、いちじく、黄金桃と白桃、キーツマンゴー、そして「夏秋いちご 恋姫」のパフェが登場する。

《HEW》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト