ミントデザインズが全国510の図書館スタッフの新制服をデザイン!

Fashion Fashion

図書館流通センター(以下、TRC)が6月1日に、TRCが運営受託する全国510の図書館で働く図書館スタッフ約7,000名の制服を刷新。新制服デザインは、伊勢谷友介が代表を務める株式会社リバースプロジェクトが組織する「全日本制服委員会」とのコラボレーションによって制作され、そのデザインをミントデザインズ(mintdesigns)が担当した。

「人類が地球に生き残るため」をテーマに様々な社会貢献活動を行うリバースプロジェクトが発足した全日本制服委員会は、伊藤忠商事株式会社と協業し、繊維メーカーと協力しながら“エシカル素材を用いた、再資源化できる制服”の制作プロデュースを行っている。今回、その取り組みに共感したTRCが、全日本制服委員会に新制服の制作を依頼。デザインは、勝井北斗と八木奈央によるファッションブランド、ミントデザインズ(mintdesigns)が担当した。

これまで、ジップアップベスト型であったデザインを刷新した、ライトグレーのジャケットには、機能性の高いニット素材を使用。素材には「図書館目録」にインスパイアされたオリジナルプリントが施されている。ポロシャツはTRCのコーポレートカラーを基調とし、ミントデザインズらしいコンパクトなシルエットに、ブランドを象徴するワックススタンプ風の刺繍ワッペンを採用。いずれもポリエステル糸を織り込み、TRCが企業として担う環境意識を反映させている。

《HEW》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト