ミキモト銀座4丁目本店がグランドオープン、プレスプレビューに滝沢眞規子や蛯原友里ら豪華ゲストが来場

Fashion Fashion

日本が誇る宝飾ブランドであるミキモト(MIKIMOTO)の銀座4丁目本店(東京都中央区銀座4-5-5)が、6月1日にグランドオープンする。

世界有数の売り場面積を誇り、ブランドの原点である美しい真珠を育む“自然”をコンセプトにした同店。外観は国内外で活躍する建築家の内藤廣が手掛け、約4万個のガラスビーズを使用したファサードデザインが特徴となっている。銀座の新しいランドマークとして機能する同店内では、グランドオープンを記念して新たに発売するコレクション「Praise to Nature」を始め、ハイジュエリーや上質なデイリージュエリー、ブライダルジュエリーなど、多彩なアイテムがラインアップする。

1階では最新コレクションや、ペンダント、リング、イヤリングなど、クリエイティビティ溢れるジュエリーを取り揃えている。

2階には、パールやダイヤモンド、カラーストーンを使用した洗練されたジュエリーが並び、3階はサービスデスクが新設された。熟練の糸替え技術や、宝石鑑定士の資格を持った経験豊富なスタッフが常駐しており、修理や相談などを受け付ける。

4階では、世代を超え世界中の女性たちから愛され、同ブランドを象徴するパールネックレスを、シンプルなチョーカーやロングネックレス、アレンジが楽しめるデザインのものまで、豊富に取り揃えている。

5階は、ハイジュエリーを取り揃える「サロン・ド・ミキモト」。ブランドのアーカイブジュエリーである帯留「矢車」のモチーフを天井と床に取り入れた、重厚感溢れるフロアで、壁面装飾には美しい真珠を育む海の泡や波をイメージしたオリジナルデザインの西陣織を使用し、洗練されたラグジュアリーな雰囲気が漂う。

6階はブライダルサロンで、幸運のシンボルであるクローバーのモチーフをフロア全体に取り入れている。ダイヤモンドの輝きを最大限にまで引き出したエンゲージリングや、多彩なデザインが揃うマリッジリングなど、ブライダルジュエリーをゆっくり選ぶことができる空間となる。

売場では最上階となる7階には「ミキモトホール」が設けられ、新作ジュエリーの展示会や国内外の文化や芸術を紹介する企画展を開催するイベントスペースとなっている。

5月30日には同店のグランドオープンに先駆けて、プレスプレビューが行われた。モデルでタレントの森泉や蛯原友里、女優でタレントの田丸麻紀、モデルの国木田彩良、滝沢眞規子ら豪華ゲスト陣が、ミキモトのジュエリーをつけて登場した。

《HEW》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト