リボンで表現された小さな命の呟きに耳を傾ける。「RIBBONESIA」の新作展が渋谷で開催

Art Art

東京・渋谷のギャラリー(PLACE) by method}では6月9日から7月8日まで、アート・ユニットであるリボネシア(RIBBONESIA)の企画展「RIBBONESIA 新作展 “MURMUR”」が開催される。

アーティストの前田麦とクリエイティブ・ディレクターの吉川徹によるリボンを素材とした作品を展開するアート・ユニットであるリボネシア。今回の展示の主役となるのは動植物や昆虫など、小さな命や儚い存在で、それらの“MURMUR”(呟き)に耳を傾けてほしいという思いがタイトルに込められている。

なお、今回は新作発表に加え、オリジナルプリントのシルクスカーフやジップアップジャケットといったプロダクトの販売が予定されている他、6月9日、10日にはアーティストの在廊日となっている。

【イベント情報】
『RIBBONESIA 新作展 「MURMUR」』
会場:(PLACE) by metod
会期:6月9日~7月8日
住所:東京都渋谷区東1-3-1 カミニート#14
時間:12:00~19:00
休廊日:日曜

《空閑@HEW》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト