エリック・ロメールが描いた女たち。特集上映で希少な初期短編など全18作を公開

Art Art

エリック・ロメール監督特集上映「ロメールと女たち 四季篇」が、6月3日から23日の3週間、角川シネマ有楽町にて開催される。

2016年の上映で大好評を博したエリック・ロメール特集上映。第2弾となる今回は、春夏秋冬の四季が織りなす四つの恋の物語を中心に、ファンのなかでも特に人気の高い連作シリーズ『四季の物語』をはじめ、初期短編や上映機会の少ない貴重な全18作品を一挙上映。季節の変化を楽しみながら、様々な愛のかたちを表現したフランス映画が堪能できるだろう。

そのほかの作品には、『春のソナタ』『恋の秋』『冬物語』『シュザンヌの生き方』『モンソーのパン屋の女の子』『獅子座』『コレクションする女』『モード家の一夜』『クレールの膝』『愛の昼下がり』『O侯爵夫人』『聖杯伝説』『海辺のポーリーヌ』『満月の夜』『緑の光線』『レネットとミラベル/四つの冒険』『友だちの恋人』がラインアップする。

[予告] ロメールと女たち 四季篇動画引用元: (Mermaid filmsオフィシャルYouTube: https://youtu.be/hWSTEQj83Fs)

《HEW》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト