アディダスコンソーシアム、“世界一危険なクラゲ”をイメージした新作コラボシューズ

Fashion Fashion

アディダス コンソーシアム(adidas Consortium)のコラボ企画Sneaker Exchangeより、オーストラリアのショップSneakerboyとアトランタのフットウエア店Wishのコラボスニーカーが5月20日にグローバルリリースする。

スニーカー業界では比較的新しいものの、シドニー、クイーンズランド、メルボルン、チャドストーンで店舗展開するSneakerboyと、アメリカ南部で最先端のフットウエアショップで、注目度の高いコラボ商品を打ち出してきたWish。アディダス コンソーシアムが結びつけたことで叶った今回のコラボレーションでは、新技術プライムニットを使った「PureBOOST」とリニューアルした「Climacool1」の2種が展開する。

同アイテムは、世界で最も危険なクラゲである「ハコクラゲ」に美のヒントを見出し、透明で光を放つということを出発点に、デザインのプロセスが始まった。「PureBOOST」は暗がりで光るだけでなく、アディダスの象徴であるスリーストライプに施された透明で粗いゲージのニットが最大の特徴となる。他のプライムニットのモデルでは一度も使われておらず、靴下のような独特な構造に幅の広いレーシングシステムで仕上げられた。

「Climacool1」では、21世紀初めに登場したランニングシューズが半透明な姿で光を放つ仕様となった。素材はPureBOOST同様、新しい繊維加工技術プライムニットを採用、アッパーには幾何学模様をあしらった。アーカイブモデルに立ち返り、現代風のリメイクを施したアディダスらしさを感じるシューズとなっている。

《HEW》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト