津村耕佑の個展がスパイラルガーデンで開催。細胞分裂からイメージした「PUZZLE WARE」の作品群を展示

Art Art

和柄パズル
  • クッションパズル
ファッションデザイナーである津村耕佑の個展「RECOMBINATION」が5月10日から21日まで、東京・南青山にあるスパイラルガーデンで開催される。

物と行為のレイヤーが生み出すボイドに着目し、日常の意味やファッションの機能を再考し続けている津村。同展では、2009年に細胞分裂から着想を得て考案した、スリットを持つピースを複数組み合わせることで多様な造形を生み出す「PUZZLE WARE(パズルウエアー)」を活用した作品群を展示する。今回は、掛け軸と油絵、国旗、失敗作の絵画など、文化や歴史の文脈から切り離され漂流した物や情報など多様なマテリアルをパズルウエアーに置き換え、ピースを作成。それらを組み換えた作品の数々を展開する。

なお、11日、15日、18日には、各日13時から16時に「プチプチタングル」というパーツをつなげ、ドームや小屋をつくるワークショップ「プチプチドームづくり」も開催される。

【展覧情報】
「RECOMBINATION」
会期:5月10日~21日
会場:スパイラルガーデン(スパイラル1階)
住所:東京都港区南青山5-6-23
時間:11:00~20:00
入場無料

《HEW》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト