ルイ・ヴィトンが2018 クルーズ・コレクションショー開催地に選んだのは滋賀の「ミホ・ミュージアム」

Fashion Fashion

ルイ・ヴィトンが2018 クルーズ・コレクションショー開催地に選んだのは滋賀の「ミホ・ミュージアム」
ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)が5月14日に、2018 クルーズ・コレクションのショーをミホ・ミュージアム(滋賀県甲賀市信楽町田代300)で開催する。

2014年のモナコでの開催に始まり、これまでルイ・ヴィトンは、クルーズ・コレクションショーを世界各地で行ってきた。そして今回、開催地に選んだのは、日本の滋賀県甲賀市。会場は、パリの「グラン・ルーブル」や「ガラスのピラミッド」を手掛けた建築家、I.M.ペイが設計を行った「ミホ・ミュージアム」。

1997年に伝説の楽園「桃源郷」にインスパイアされ、地上の楽園という構想のもと開館した同ミュージアムの歴史上、ファッションショーの開催は初めてのこととなる。人里離れた山深い場所に位置し、壮大なメタルのトンネルと近未来的な吊り橋を渡るとその姿を現す同ミュージアムには、2,000点を超える美術品が所蔵され、エキゾティズムとモダニティが融合する。

なお、同ファッションショーは、同日オンライン「louisvuitton.com」でのライブ配信も予定している。

《HEW》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト