ペン先から広がる壮大な世界。池田学の日本初個展が金沢21世紀美術館で開催中

Art Art

《再生》2001 浜松市美術館所蔵
  • 《誕生》2013-2016 チェゼン美術館蔵
極細のペン先から壮大な世界を描き出すアーティスト、池田学の日本初となる大規模個展が7月9日まで、石川県・金沢の金沢21世紀美術館にて開催される。

1日に握りこぶしほどの面積しか描くことができないというその画面は、緻密な描写や壮大な構成によって裏打ちされ、現実を凌駕するかのごとく異世界の光景を現出させることで、世界的に大きな評価を獲得している国際的アーティストである池田。

日本初となる同展では、最初期の作品から約3年の製作期間を経た最新の大作《誕生》まで、池田の画業のほぼすべてを網羅する約120点が展示される。

【展覧情報】
「池田学展 The Pen ー凝縮の宇宙ー」
会期:4月8日~7月9日
会場:金沢21世紀美術館 展示室1~6
住所:石川県金沢市広坂1-2-1
時間:10:00~18:00(金曜、土曜は20:00まで)
休場日:毎週月曜日(5月1日は開場)
料金:一般1,000円(800円)、大学生800円(600円)、小中高生400円(300円)、65歳以上800円
※( )は前売券及び20名以上の団体料金

《空閑@HEW》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト