テアトラの一度着たら手放せない皮膚のようなスーツ【ムロフィス・中室太輔が着る--ソロテックス(R)vol.1】

fhpromotion fhpromotion

いわゆる“シャカシャカ”とした手触りのナイロン素材のラペルドジャケット。今でこそファッション的には市民権を得たアイテムだが、一昔前はコレクションブランドやモードブランドにアクセスできる人に限られていた。

2013年にスタートしたテアトラ(TEATORA)は、そんな化学繊維がもつ機能的側面に着目し、凝り固まったイメージを解くほぐしてきた存在だ。フォトグラファーやインダストリアルデザイナーなど、クリエイターたちに向けて、“快適性”や“シワになりにくい”といったワードでアプローチ。アクティブなワークスタイルを送る人たちの“仕事着”としても支持されている。

今季は新たに、優れた形態回復性を持つジャケットとトラウザーがラインアップに加わった。「実用性という意味では、他のブランドよりも優れたものを持っている」と語るのはPRを務めるムロフィス代表の中室太輔氏。同氏に改めてテアトラというブランドの魅力と、新アイテムについて語ってもらった。

「立ち上げから携わらせていただいていますが、最初のシーズンは、2本のパンツから始まりました。イームズラウンジチェアとアーロンチェアに座って働く人を想定したパンツ。実際に展示会にはパンツが2本だけ。ストイックなブランドだなと、それが最初の印象です。」

「ですがほんとのところは、ものづくりに時間をかけるあまり、最初の展示会ではパンツ2本だけという感じで。実は上出さんの中では立ち上げ前から構想が練られていたんです。」

01
ムロフィス代表の中室太輔氏


デザイナーは上出大輔氏。東京コレクションでランウェイショーを行うようなドメスティックブランドで経験を積み、テアトラを立ち上げた。自身のブランドはこれまでのクリエーションとは真逆の、当時はまだそんな呼称もなかった“リアルクローズ”を志向していた。

『頭脳職のための機能服』というコンセプトのもと、プロダクト開発をすすめたテアトラ。ファーストシーズンのインパクトもあり、徐々にブランドの知名度が高まっていった。

「知名度が上がると、“求められるもの”も増えていきます。そこで重要となるのが“素材探し”です。化学繊維は軽量性やシワになりくい耐久性などを備えていますが、それこそ多くの生地メーカーがあって、『これだ!』っていうのを見つけるのは至難の業なんです。」

「幸いにして日本には優れた生地メーカーが多く、デザイナーが求めていたものに合致する素材が見つかりやすい土壌です。例えば、昨年からは帝人フロンティアのソロテックス(R)という素材を使って、共同で生地開発を行っています。デザイナー自身かなり惚れ込んでいて、この素材がきっかけとなり新しいラインを始めたくらいです。」

01


テアトラは細かなコンセプトを与えられたカテゴリーラインの集合体だ。ノマドワーカーのための「ハンズフリー」や、ジェットセッターに向けた「パッカブル」などのラインを備える。帝人フロンティアの生地を使用したラインは、飛行機のビジネスクラス以上の座席に見られるような、180度リクライニングし、完全に床と平行になるシートをイメージ。そのくらい快適に過ごせる、動きやすさを重視したアイテムが揃う。

「ソロテックス(R)という素材は、シルクやウールとも混ぜることができます。選択肢が多すぎて、デザイナーが求める質感に辿り着くまでには多くの時間を必要としました。」

01


「また、このジャケットは、アームホールがないんです。ラグランスリーブともちょっと違うのですが、前袖と身頃が一枚布で表現されています。これにより動きやすさが格段にアップしているんです。これまでにもストレッチ素材のジャケットをいくつも着てきましたが、ここまで肩まわりの可動域が広いものは初めてですね。」

その未知なる着心地はパンツも同様。セットアップで着用すれば、まさに“機内のフルフラットシート”のような快適性が味わえるはずだ。

「繊細なウール生地のスーツって、とにかくデリケートなので、仕事中にシワが気になる方も多いと思います。それこそ長い打ち合わせが終わってみたら、パンツの膝回りがシワだらけだったとかはよくある話です。この素材はシワになりにくいというよりも、シワを元に“戻す”回復性に優れているので、着用時のストレスからも開放してくれます。お手入れも簡単で、ハンガーに掛けるだけ。本当に何もしなくていいんです。」

01


パッキングして、バッグから出してもシワが元に戻るので出張にも最適。というよりも、このセットアップで移動してプレゼンして帰ってくる、なんてことも可能。出張時の、移動からプレゼンまでがこの一着で完結してしまうのだ。

仕事中のパフォーマンスを最大限に引き出すーー。テアトラはこの先も、“働く”の概念を変えていくことだろう。そしてその土台に日本の生地メーカーが貢献していることも見過ごせない。

快適なワークスタイルが結果に結びつくとわかっている賢いジェントルマンたちにこそ、新時代の快適性=テアトラの門戸は開かれているのだ。


【お問い合わせ】
帝人フロンティア株式会社 衣料営業企画部
電話:03-6402-7025
www.solotex.net

《森下隆太》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト