池袋パルコに気鋭デザイナー自ら作るショップ「MEI-TEN」がオープン。アキコアオキやケイスケヨシダなど

Fashion Fashion

池袋・パルコミュージアムにて4月20日から26日の期間限定で、若手デザイナーたちが自らプロデュースするコンセプトストア「メイテン(MEI-TEN)」がオープンする。

2013年に渋谷・パルコミュージアムにて若手デザイナーたちが一挙にデビューを果たし話題となった「絶命展」、その2年後の2015年よりパワーアップし続編として行われた「続・絶命展」。そして、その後は渋谷パルコにて、若手デザイナーたちが自ら作り上げる新感覚ショップ「絶命店」がオープンを果たし、デザイナーと直接交流できるユニークなサービスとして注目を集めた。

今回期間限定でオープンする「MEI-TEN」では、その系譜を組むものとして池袋にファッションの新風を巻き起こす。

参加ブランドはAKIKOAOKI、BEM daisukeshimura、CHINAMITOKIZAWA、Garbage and Treasure、HIDAKA、Jenny Fax、KEISUKEYOSHIDA、kotohayokozawa、MASAKI SHIMIZU、MIKOSAKABE、Mjurk、niuna、PERMINUTE、PITECAN THROPUS、preek、RYOTAMURAKAMI、TAKASHI NISHIYAMA、TOMOHIRO SATO、YUKA、梨凜花~rinrinka~、ANNOU、aya tsunemi、Clarity、EMIKOYAMA、GAOXIEXIAONAN、izizism、KAORIKIKUNAGA、medetasy、monako、pirume、Re:quaL≡、Warafum、whitelilly、22 by JI EUN、小蕗、未来。

《空閑@HEW》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト