ギンザ シックスのグルメレポ!地下2階は日本・都内初上陸のフード&スイーツが勢ぞろい【手土産やホームパーティーの新定番】

Life Life

銀座6丁目にギンザ シックス(GINZA SIX)が4月20日よりグランドオープンする。241の世界ブランドが出店するこの商業施設には、グルメ部門においても選りすぐりのレストラン、カフェ、手土産スイーツなどの店舗が勢ぞろい。14日に行われた内覧会で、ようやく明らかとなったギンザ シックスのグルメ情報をご紹介しよう。

レポートグルメ編の第一弾は、ギンザ シックス地下2階からスタート。お持たせや銀座へ来た際のお土産、ホームパーティーで持ち寄りするのにおすすめのスイーツ、サラダ・デリのショップ5店舗を紹介する。

葉山で毎日手作りされる焼きプリンが味わえる「マーロウ」は、都内初出店となるプリンの専門店。那須高原で放し飼いで育てられた鶏の有精卵と北海道産の生クリームを贅沢に使ったビーカー入りのプリン(全10種類/各600円~)を販売する。4月20日のオープン時には、ギンザ シックス限定アイテムとして、1970年頃のギンザの街並みを描いた「銀座ビーカー入り フレッシュクリームプリン」、「ロイヤルミルクティー入りプリン」(各限定1日300個前後)が登場する。

hukuoka
「マーロウ」の銀座ビーカー入り フレッシュクリームプリン、ロイヤルミルクティー入りプリン

“インスタにアップしたいサンドウィッチ”を謳う「meat&green 旬熟成」は、華やかな見た目と野菜たっぷりのメニューが女性ウケしそうなサンドウィッチ・デリの店。140日以上の熟成期間を設けた熟成発酵肉を使った「萌断サンド」と、オーガニック野菜に酵素ドレッシングを合わせた「ブーケサラダ」(セットで1,880円)を販売する。缶詰の発酵熟成肉と酵素ドレッシングは、店頭販売も実施。人参×オレンジ、アボカド×キウイなど個性的な味のドレッシングを取りそろえる。

hukuoka
「meat&green 旬熟成」の缶詰の発酵熟成肉と酵素ドレッシング

スイーツ好きの方は、パリから日本初上陸となる「フィリップ・コンティチーニ(PHILIPPE CONTICINI)」、「ヴィエノワズリージャンフランソワ(Viennoiserie JEAN FRANCOIS)」の2店舗をチェック。「フィリップ・コンティチーニ」は、パティスリー界の巨匠、フィリップ・コンティチーニが手掛けるカフェとブティックの複合型店舗で、看板スイーツのクイニーアマンの中にタルトタタンを詰めて焼き上げた「クイニータタン」(450円)、限定品のムース3種(各650円~)を販売する。菓子パン専門店と銘打った「ヴィエノワズリー ジャン・フランソワ」では、MOF受賞シェフ監修によるデニッシュなどのヴィエノワズリー約30種を販売。食べるべきは数量限定の「デニッシュフレンチトースト」(280円)、ベイクドとレアの2層が楽しめる「Wチーズケーキデニッシュ」(380円)だ。

hukuoka
「ヴィエノワズリー ジャン・フランソワ」

hukuoka
「フィリップ・コンティチーニ」のクイニータタン(450円)

銀座らしいおしゃれな手土産をお探しなら「イシヤ ギンザ(ISHIYA GINZA)」へ。「白い恋人」でおなじみの石屋製菓が直営店を北海道外に初出店し、チョコレートをラング・ド・シャでサンドしたクッキーやバターケーキなど、5種類のスイーツを販売する。「Saqu」シリーズは、北海道チーズやワインなど6種(12枚入り/各1,200円)を展開し、北海道産の材料にこだわった確かな味とカラフルなパッケージが印象的。

hukuoka
「イシヤ ギンザ」のサク ラング・ド・シャ

ギンザ シックスの概要はこちら。

《辻あい子》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト