写真家アラーキーによる国内初、「書」にフォーカスした個展が開催

Art Art

写真家である荒木経惟が4月5日から11日まで、国内初となる「書」の個展『「写狂老人A」アラーキー@ISETAN -後期高齢書-』を伊勢丹新宿店本館5階=アートギャラリーにて開催する。

写真家の荒木がカメラではなく「墨筆」を手に、新たな私的表現に挑んだ同展。かつて葛飾北斎が晩年を「画狂老人」と称したことにちなんで、自らを『写狂老人A』と呼んだ。

ダイナミックで自由方便なアラーキーの書の世界に浸ることができる展覧会となっている。また、同展の開催にあたり行われたインタビューがウェブサイト・三越伊勢丹 TOKYO ART LOUNGEの特別ページ(https://selection.norennoren.jp/contents/cate/art/arakinobuyoshi/)に掲載されている。

【展覧会情報】
『「写狂老人A」アラーキー@ISETAN -後期高齢書-』
会期:4月5日~11日
会場:伊勢丹新宿店本館5階=アートギャラリー
時間:10:30~20:00(11日は18:00まで)

《空閑@HEW》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト