ノワール・ケイ ニノミヤ、赤と黒の新境地へ【2017-18秋冬ウィメンズ】

Fashion Collection

二宮啓によるノワール・ケイ ニノミヤ(noir kei ninomiya)が、コム デ ギャルソン(COMME des GARCONS)のショールームを会場に2017-18年秋冬コレクションのミニショーを開催した。コレクションテーマは「花」。

黒を強調させる色として、今回初めて赤が登場した。フェクファーのパーツをリングで繋いだブルゾンや、チェーンステッチでビニール素材を繋いだ綿入りのブルゾンなど、このブランドらしい凝った作りのアイテムが登場するが、デイリーユースなアイテムとして機能しそうなワンピースやブルゾンも見られ、新しい局面を見せた。

しかし眼を凝らしてみると、ライダースにはチェーンが縫い込まれ、フードコートにはマクラメ編みが施されている。どのアイテムにも手作業の緻密さが感じられた。棘の付いた茎を模したテープ状の素材にカットオーガンジーのテープを通したバラモチーフのジャケットは、うっとりさせるような美しさ。

最後は、メタリックPVCシートを折り紙状に畳んで花のようにしたケープコートとドレスが登場。これまでの独自の世界観を保ちながら、発表体数を増やして見応えのあるコレクションとなった。

《Tomoaki Shimizu》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト