A.P.C.キルトコレクション第12弾が発売に、ロシア革命へ思いを馳せて

Fashion Fashion

アー・ペー・セー(A.P.C.)が、キルトコレクション「A.P.C. QUITLS ROUND 12」 を発売した。

A.P.C.のキルトコレクションは、クリエイティブディレクターのジャン・トゥイトゥ(Jean Touitou)が、デザイナーのジェシカ・オグデン(Jessica Ogden)にA.P.C.の倉庫に残されていた生地を使ったキルトの製作を依頼したことをきっかけに2010年にスタートしたもの。これまで11回に及び、A.P.C.の古い生地を利用した様々なキルトが製作されてきた。

12回目のコラボレーションとなる今回は、初めて新しいテキスタイルを使用。革命派の赤軍と反革命派の白軍が入り乱れて戦ったロシア革命をテーマに、赤と白の2色を使ったキルトを製作。アイテムの名前には「Denikine(ロシア帝国軍の将軍の名)」や、「Anastasia(ロシア皇帝ニコライ2世の娘)」など、すべて白軍(ロシア帝国軍)に関する言葉が使用されている。取り扱いは、代官山FEMME、青山店、神戸店、公式オンラインストアにて。

また、ビジュアルはジャマイカのジェシカ・オグデンが誕生した町でアルフレド・ピオラ(Alfredo Piola)により撮影された。

《HEW》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト