ジュンヤ ワタナベ マン、ブレないコラボレーション【2017-18秋冬メンズ】

Fashion Collection

渡辺淳弥によるコム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マン(COMME des GARCONS JUNYA WATANABE MAN)は、ポルト・ドゥ・ヴェルサイユにある展示会場と展示会場をつなぐ渡り廊下で2017-18年秋冬コレクションのショーを開催した。

ベーシックなアイテムに機能性を加味し、同ブランドらしい表現方法で身体をプロテクトする服の制作を目指したという。今シーズンは特にザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)とのコラボレーションが多く、既存のザ・ノース・フェイス製品をカスタマイズしたものや、ザ・ノース・フェイスに制作依頼をしたものなど、様々なアイテムが見られた。

ザ・ノース・フェイスのバッグのパーツを配したワークシャツやブルゾンなどには、プリンス・オブ・ウェールズチェックや千鳥格子のバギーパンツをコーディネイトして、ストリートスタイルとスーツの要素をミックス。フード付きのスウェットには、スリーブにダウンを入れ、ニットジャージーのパンツにはライダースパンツのようなヒザ当てのディテールが付けられ、プロテクト機能をプラス。カーハート(Carhartt)とのコラボレーションも見られ、レザーのポケットを配した異素材ミックスのブルゾンや、ライダースジャケットのようなキルティングスリーブのブルゾンなどが登場。それぞれにコーデュロイのパンツが合わせられていたのが印象的。

その他にも、ヴァン(VAN)とのコラボレーションのヴァンジャケットも見られ、その意外性に驚かされる。コレクション全体としては、コラボレーションアイテムが目立ってはいたが、たとえコラボレーションをしても素材使いとカッティングがコム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マンそのものだった。

《Tomoaki Shimizu》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト