少年時代をかき集めたコム デ ギャルソン・オム プリュス【2017-18秋冬メンズ】

Fashion Collection

コム デ ギャルソン・オム プリュス(COMME des GARCONS HOMME PLUS)の2017-18年秋冬コレクションショーの会場は、数々のオートクチュールのショーが行われてきたホテル・ウエスティンのボールルーム。コレクションタイトルは「ボーイフッド(Boyhood)」。「嫌なことの多い世の中にあって、少しでも良かった時代を思い出して欲しい」という川久保玲の願いが込められている。

粘土細工の型のようなパーツ、ポップなプリント、ホイップクリームのような立体モチーフなど、少年時代をイメージさせる要素が随所に散りばめられていた。ジャケットとバギーパンツのセットアップには、バッサリとカットされたシャツとベストをインナーに合わせ、現在(嫌なことの多い現代)と過去(良かった少年時代)を表しているかのよう。バックサイドがカットされたラメのジャケットなども登場。身頃が二重になったジャケットや、二着のジャケットを繋ぎ合わせたかのようなジャケットなど、どれも二面性が感じられるものばかり。

粘土細工の型のようなラバー製のパーツは、恐竜や車、機関車などを象り、シャツのヘムやレースアップシューズ、ジャケットを飾る。特に大きなパーツがバックに取り付けられたジャケットは、強いインパクトを残した。

キャンディダ・アルバレス(Candida Alvarez)によるポップなプリントや、ジャケットのバックサイドを飾ったスコット・ホーヴ(Scott Hove)によるシリコン樹脂製モチーフなど、アーティストたちとのコラボレーションも、楽しさだけではない、ダークな側面を呼び起こし、コレクションにアクセントを加えていた。

《Tomoaki Shimizu》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト