最も衝撃的だったこの1冊、NADiff a/p/a/r/t・スタッフが選ぶ2016年ベストオブブック【vol.4】

Art Art

『ROADSIDE LIBRARY vol.001 秘宝館』都築響一
  • 『ROADSIDE LIBRARY vol.001 秘宝館』都築響一
毎週木曜日に連載企画「今読むべき1冊」を担当いただいている、東京・恵比寿の本店、ナディッフ アパート(東京都渋谷区恵比寿1-18-4NADiff A/P/A/R/T1階)に、2016年もたくさんの書籍をご紹介いただきました。

今回は1年の締めくくりに、ナディッフ アパートの5人のスタッフが“2016年発行の書籍の中から選んだベストオブブック”を31日まで毎日1冊ずつお届けします!4日目は、スタッフYさんが選ぶ2016年ベストオブブック。


『ROADSIDE LIBRARY vol.001 秘宝館』都築響一

今年もっとも衝撃的だった本として真っ先に思い浮かんだのが都築響一氏の『ROADSIDE LIBRARY vol.001 秘宝館』である。銀色の小さな缶にピンク色で「秘宝館」とかいてある“カバー”のかわいさにまず目を奪われた。あけてみると中にはなんとUSBが。(しかも押すと光る!)そう、これは電子書籍の、しかもPDF形式でダウンロードできる新しいかたちの写真集なのだ。ダウンロードすると、都築氏による解説とともにたくさんの写真があらわれる。もっとも衝撃的なポイントは、写真たちの解像度の高さ。今はほとんど姿を消してしまいつつある秘宝館の在りし日の姿に、拡大・縮小を駆使して近づいたり遠ざかったり。画像の鮮明さがもたらす臨場感たるや衝撃以外の何物でもない。書籍は2016年、新しい段階に入ったと感じた経験であった。

自分の好きなように本を作ることが難しくなってきたと語る都築氏は、ついに電子書籍を自費出版することに踏み切りました。パソコンはもちろん、スマホやタブレットなど電子メディア媒体でさまざまな情報を得ることが当たり前となっている今、この形式はとてもフィットしていると感じます。今年、書籍の新しい形式が誕生したと感じた衝撃的な出来事でした。


【書籍情報】
『ROADSIDE LIBRARY vol.001 秘宝館』
写真・著者:都築響一
出版社:ROADSIDERS
特製USBメモリ版/PDFフォーマット/777ページ/1.8GB
発売日:2016年7月
言語:日本語
価格:3,500円

>> vol.5 写真と文学の邂逅に魅せられる1冊を見る
>> vol.3 旅、冒険に出たくなる1冊へ戻る

《NADiff a/p/a/r/t・スタッフY》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト