愛知にある先進移民団地・保見団地のドキュメント写真集『Familia 保見団地』【NADiffオススメBOOK】

Art Art

『Familia 保見団地』
  • 『Familia 保見団地』
  • 『Familia 保見団地』
  • 『Familia 保見団地』
木曜日連載、アート・ブックショップ「NADiff(ナディッフ)」各店による今読むべき1冊。今週は、『Familia 保見団地』。愛知・名古屋の支店・ナディッフ愛知(愛知県名古屋市東区東桜1-13-2 愛知芸術文化センター地下2階)によるご紹介です。

■『Familia 保見団地』

愛知県豊田市にある保見団地は、1990年に入管法が改正されて以降、働き口を求め来日した多くのブラジル人が入居し、現在では約9,000人の住民の内の約半数を外国籍(主に日系ブラジル人)の住民が占める、巨大な先進移民団地。本書は、写真家・名越啓介とノンフィクション作家・藤野眞功の2人が保見団地で2年間生活をして記録した245枚の写真と生活を綴ったルポルタージュから成るドキュメンタリー写真集。

名越啓介はこれまでも、チカーノ・ギャングやスクワッター、スラムなどを訪れ、被写体となる人々と寝食を共にすることで至近距離からの撮影を可能にしてきた。今回、保見団地での住み込みでは、そこに暮らす人々の日常を捉え続けている。特に、10代のブラジル人たちと3年という月日を過ごすことで見えてくる、彼らの持つ思春期の感覚の一端や喜怒哀楽、成長、そして変化。リアルな言葉で交わされる、容姿や言葉のこと、学校や遊びのこと、家族や仕事のこと、日本やブラジルのこと―。過ぎ去っていく日々の尊さと失われゆく自由への渇望が綴られている。

昭和の趣を色濃く残す団地を舞台にした少し異質にも感じられる住民たちの生活が、自動車産業の発達した愛知県の一角で今日も明日も営まれていることを伝え、それは私たちの生活とも地続きであると教える1冊。

世界37ヶ国以上に拠点を持つデジタルメディア「ヴァイス(VICE)」や無料カルチャー誌『VICE MAGAZINE』等でも知られるVice Media Japanからの写真集刊行は本作が初めて。

【書籍情報】
『Familia 保見団地』
発行元:VICE Media Japan/発売:世界文化社
言語:日本語
ソフトカバー/288ページ/225×170mm
発刊:2016年12月
価格:2,980円

《NADiff》

特集のニュースをみる

PCサイト