最旬コートの本命は春先まで着られるノーカラーガウン!伊勢丹バイヤーに聞いた今年のマストハブアウター2/2

Fashion Fashion

最旬コートの本命は春先まで着られるノーカラーガウン!伊勢丹バイヤーに聞いた今年のマストハブアウター2/2
  • ノーカラーコート 6万9,000円、セーター 2万円、パンツ 3万5,000円、ソックス 4,500円、ネックレス 2万2,000円/全てエンフォルド、その他参考商品
  • コクーンノーカラーコート 5万3,000円、クルーネックプルオーバー 2万3,000円、Vネックセーター 2万1,000円、パンツ 1万9,000円/全て1411、その他参考商品
今年買うべきコートは、「上質チェスター」と「ノーカラーガウン」の2タイプがトレンドの本命に。昨年からの人気である「オーバーサイズ」、「ガウンシルエット」の特徴を引き継ぎつつ、今年らしさのあるコートとは?コート需要が高まるシーズンを目前に控え、伊勢丹新宿店の婦人服担当バイヤーにコートトレンドについて詳しく聞いた。

■春先まで着られるノーカラーの“コーディガン”が大活躍

コートとカーディガンの中間にあたる“コーディガン”は、今季ハズせないトレンドアイテム。軽くて着心地のよい羽織りをひとつ用意しておくことが、暖冬を賢く過ごすにはベストなチョイス。ベーシックなブラック、グレーの動きが好調だが、明るくかろやかなカラーも人気だという。

「誰かの為に無理をして装うのではなく服を纏う者が最高に贅沢な気持ちになれる服」をコンセプトに据えるエンフォルド(ENFOLD)が提案するのは、リバーウールの一枚布で仕立てられたノーカラーコート(6万9,000円)。ガウンのようなゆったりとしたシルエットと、裾を折り返すとバイカラーがチラりとのぞくアクセントがポイント。バイヤーは「より軽く、より心地よく着られることを追求したアイテムで、人気が高い」とコメント。「鮮やかなニットをアクセントに、ワイドクロップドパンツと合わせて丸みのある、やわらかな雰囲気のコーディネートを楽しんでほしい」と語った。

“weekend”
ノーカラーコート 6万9,000円、セーター 2万円、パンツ 3万5,000円、ソックス 4,500円、ネックレス 2万2,000円/全てエンフォルド、その他参考商品


エッジの効いたデザインが楽しめる、三越伊勢丹のプライベートブランド、1411(ワンフォーイレブン)からは、コクーンノーカラーコート(5万3,000円)が登場。肩の切り替えをなくすことで生まれた、衿から手先までの自然なカーブが優しい印象を与えるデザインだ。比翼仕立てでプレーンなシルエットにこだわり、360度からの目線を意識した作りとなっている。バイヤーは「生地の品質にこだわり、織りから加工まで一貫して工場と直接やり取りで作りました」とコメント。「モード感のあるコートなので、スウェットやニット帽に旬のワイドパンツを加えたリラックススタイルがおすすめです」と着こなしを提案した。

“weekend”
コクーンノーカラーコート 5万3,000円、クルーネックプルオーバー 2万3,000円、Vネックセーター 2万1,000円、パンツ 1万9,000円/全て1411、その他参考商品


冬の訪れが遅かった分、すぐに活躍するコートが求められている様子。一生ものの「上質チェスター」も、春まで着られる「ノーカラーガウン」も、どちらも本命コートを務めるには十分な価値。今年の本命コートを探してみては。

前編「今年のチェスターコートは素材とディディールがキー。伊勢丹バイヤーに聞く今年のマストハブアウター」へ戻る。

《辻あい子》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト