今年のアウター選びのポイントは?最旬トレンドキーワードをチェック【ファーフェッチ:アウター編】

fhpromotion fhpromotion

今年のアウター選びのポイントは?最旬トレンドキーワードをチェック
  • 今年のアウター選びのポイントは?最旬トレンドキーワードをチェック
  • 今年のアウター選びのポイントは?最旬トレンドキーワードをチェック
  • 今年のアウター選びのポイントは?最旬トレンドキーワードをチェック
足早に秋が通り過ぎ、冬の訪れを告げる木枯らしが吹く今日この頃。今年着るアウターの準備は万全ですか? まだ、というあなたにトレンドキーワードから今年おすすめのアウターをピックアップ! 人気ブランドのコレクションから、コート選びのポイントを分析します。

KEY WORD #01:オーバーサイズ
ドロップショルダー×ゆったりとした袖のオーバーサイズコートは、去年から引き続いてのトレンドアイテム。上半身にボリュームを持たせることで、コートから覗く首や手を華奢に見せる効果があります。タイトなボトムスを選んでメリハリを利かせ、女性らしさが引き立つ着こなしを。


01

クロエ(Chloe)
上質なラムスキンを使い、袖や裾にフリンジやタッセルをあしらったクロエのパッチワークコート。フォークロアの洗練されたデザインと、ムートン素材から生み出されたコートは、あたたかみとラグジュアリー感あふれる1着です。レザートリムやタッセル飾りなど手の込んだディティールへのこだわりもクロエならでは。

ステラ マッカートニー(Stella McCartney)
印象的な襟とドロップショルダー、ロング丈などトレンドのポイントがつまったステラ・マッカートニーのオーバーサイズノッチドラペルコート。襟のデザインや背面のスリットなどメンズスーツの特徴的なディティールをレディス向けに書き換え、さらに鮮やかなカラーで華やかさが引き立つデザインになっています。

マルニ(Marni)
マルニのオーバーサイズコートは、ノーカラー、ドロップショルダー、袖の大きめのカフスとトレンド要素満点。やわらかなミントグリーンのカラーと、丸みをおびたコクーンシルエットが女性らしい可憐な雰囲気を醸し出します。トレンドをしっかりと押さえつつ、少女のようなピュアな美しさを両立させる1着。

モンクレール(Moncler)
シーンを選ばず活躍するダウンコートブランドとして、あまりにも有名なモンクレール。最高級のダウンフェザーを惜しみなく使い、首までカバーするファンネルネック、腰を覆うには十分な丈のJoinville ダウンコートが登場しました。背面のウエスト部分はシェイプされたデザインで、モンクレールならではのスマートなシルエットを実現します。


KEY WORD #02:ボンバージャケット
米空軍用のウエアとして生まれたボンバージャケットは、軽い着心地と冷たい風をシャットアウトする機能性を兼ね備えたメンズアイテム。レディスで探すなら、定番のブラックやカーキではつまらない! ビジュー使いやカラー、デザインでファッション性を追求したものが“買い”です。


01


サンローラン(Saint Laurent)
サンローランのボンバージャケットはノーカラー×シルバーの組み合わせがクールな1着。スマートなシルエットとキルティングの程よいボリューム感が絶妙で、羽織るだけでモードな印象に。ラムスキンにコーティングを施した生地と、リブ、スナップボタンもすべてシルバーで統一したサンローランらしい洗練のデザインです。

ヴァレンティノ(Valentino)
艶やかなシルク地にビーズ装飾、ゴールド、シルバーなど色とりどりの刺繍があしらわれたヴァレンティノのアストロ柄ボンバージャケット。夜空に瞬く星々の美しさと、神秘的な宇宙空間が広がるロマンティックでミステリアスな1着です。リブ部分はラメ入りのシルバーなので、カジュアルすぎず上品な印象になります。

サカイ(sacai)
大きなフロントポケット、エポレット(肩章)、腕部の太ベルトなど、いたるところに定番のミリタリー要素が散りばめられたサカイのボンバージャケット。キルティング地のコンパクトなボディと、生地の異なるベルスリーブの一見アンバランスな組み合わせに、サカイらしい“新たなクラシックスタイル”が表現されています。

KEY WORD #03:レオパード
コートは落ち着いた色を選びがちですが、主役コートを探すなら、突き抜けた存在感とゴージャスなオーラが手に入るレオパードはいかが? 奇抜な柄こそエレガントなデザインを選ぶのが正解です。ヒールパンプスやクラッチバッグなどレディな小物を合わせて小粋に着こなして。


01


ジバンシィ(Givenchy)
毛足の異なる3種のファー(セーブル、ポッサム、マスクラット)を贅沢に使ったジバンシィのレオパードコート。ベルトでウエストを絞るスマートなシルエットは、ボディラインを美しく、脚を長く見せます。アニマルプリントが豊富にそろう今年だからこそ、一生ものを探すチャンスです。

ステラ マッカートニー(Stella McCartney)
自身のデザインにレザーや毛皮といった動物性の素材を決して使用しないことでも知られるステラ・マッカートニー。フェイクファーを使ったひざ丈のコートは、フロントボタンをすべて閉めればスタンドアップカラーとしても着られるデザイン。デイリーに着られるレオパードコートとしておすすめです。

<お問い合わせ>
ファーフェッチ
TEL:03-4578-9714
https://www.farfetch.com/jp/

《Text / Aiko Tsuji 、Design / Hitoki Naruo》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト