銀座に都内最大級の商業施設「ギンザ シックス」が来春開業。まだ誰も見たことがない世界の“GINZA”を体現

Biz Biz

銀座・松坂屋の跡地を含む2街区に、都心エリア最大規模の商業施設「ギンザ シックス(GINZA SIX)」が17年4月20日開業する。グランド ハイアット東京で26日記者会見が行われた。

「ギンザ シックス」は、J.フロント リテイリング、森ビル、L Real Estate、住友商事の4社が協業。各社のノウハウを結成し、新しい構成の大型複合施設が誕生する。延床面積が約14万8,700平方メートル、商業施設面積が4万7000平方メートルと、圧倒的スケールを誇る同施設は、谷口吉生が建築設計と外観デザインを担当。商業施設内のインテリアデザインは、キュリオシティ/グエナエル・ニコラが担当した。

同施設では、都心最大規模の241のブランドが入居するショッピングフロアと、文化・交流施設「観世能楽堂」、観光客用のバス乗降所などで構成。屋上には庭園が開かれる予定だ。さらに、大規模なオフィスフロアも入居し、約3000人のオフィスワーカーを銀座に迎え入れることとなる。

「百貨店はもうやらない。今の百貨店を進化させるのではなく、誰も見たことのない新しい商業施設を創る」と話すのは、J.フロント リテイリング株式会社 代表取締役社長の山本良一。その施設の店舗構成は、どこよりも早く、豊富で上質なサービスを提供するため、約半数の店舗を“旗艦店”とし、ブランドにとって特別な位置付けでの店舗を集結させた。

銀座の象徴である中央通りに面した全長約115メートルの路面には、セリーヌ(CELINE)、(仮)ザ ハウス オブ ディオール(The House of Dior)、ヴァン クリーフ & アーペル(Van Cleef & Arpels)、フェンディ(FENDI)、サンローラン(SAINT LAURENT)、(仮)ヴァレンティノ(VALENTINO)といった世界を代表するラグジュアリーブランドが並び、個性的なファサードにより銀座の新たな顔を創り出す。

また、1階のファッションフロアでは、ダミアーニ(DAMIANI)やロエベ(LOEWE)など、バッグやジュエリー&ウォッチの店舗が入居、2階はジミー チュウ(JIMMY CHOO)やアニヤ・ハインドマーチ(Anya Hindmarch)、セルジオロッシ(Sergio Rossi)など、バッグやシューズの店舗。3階は、日本最大規模を誇るケンゾー(KENZO)や、モスキーノ(MOSCHINO)、3.1フィリップリム(3.1 Phillip Lim)、銀座初展開のヌメロ ヴェン トゥーノ(N°21 )など海外ブランドを中心としたファッションフロアとなっている。4階は、ビームス ハウス ウィメン(BEAMS HOUSE WOMEN)やヨウジヤマモトのグラウンド ワイ(Ground Y)、ザ・コンランショップ(THE CONRAN SHOP)や中川政七商店などのファッションとライフスタイル雑貨店が入居、5階はメンズファッションを中心としたフロア構成となっており、エヌ.ハリウッド(N.HOOLYWOOD)やソフ(SOPH.)、アジア最大級のハイドロゲン(HYDROGEN)などが入居予定だ。

6階では、銀座初となる蔦屋書店がオープン。スターバックスコーヒーも併設される。地下1階では今までの百貨店とは違う、ブティック型のビューティーフロアを設置。ニュージーランドとフランスを代表するナチュラル化粧品が購入できるリビングネイチャーオーガニック(LIVING NATURE organics)やイソップ(Aesop)、シャネル(CHANEL)やアールエムケー(RMK)が入居。日本最大規模のクラランス スキン スパでは、オールハンドによるトリートメントサービスを実施する。地下2階のフードフロアでは、日本初上陸のスイーツブランド、フィリップ・コンティチーニや、都内初の(仮)発酵酢屋 庄分酢がオープン予定となっている。

同施設のオープニングでは、中央吹き抜けで前衛芸術家の草間彌生によるインスタレーションを展開、館内2ヶ所にある12メートルの壁には、植物学者兼アーティストのパトリック・ブランやチームラボが作品を手がける予定だ。

《編集部》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト