多種のぶどう、“幻の梨”も食べられる!?旬の果実を楽しむ「フルーツ収穫祭」が今秋も開催!

Life Life

日本最大級の「食べる・買う・学ぶ・体験」ができる新しい都市型マルシェ「太陽のマルシェ」が、9月10日、11日に東京・勝どきの月島第二児童公園にて開催される。

今回で3周年をむかえる「太陽のマルシェ」。今回は“フルーツ収穫祭”をテーマに、とれたてで鮮度抜群のぶどう・梨・スモモ・りんごなどの秋の旬の果実を楽しむことができる。ぶどうでは、山梨県の「天野ぶどう園」によるシャインマスカット、ピオーネ、巨峰や、今年で創業63年目を迎える長野県の「伊藤ぶどうファーム」によるゴールドフィンガー、ベニバラード、ナガノパープルなど様々な種類のぶどうが登場する。

梨では、千葉県「うしく農園」の豊水や幸水の他、「鳥取いわしや」の新甘泉(しんかんせん)や、じっくりと樹で完熟させた「みずほの村市場」による樹なり完熟梨などを展開。さらに、「野美屋(やおやっ?)」より、栽培の難しさから出荷量が少なく一部では“幻の梨”とも言われるかおり梨も登場する。

その他、長野県「てんびん屋」からは古くから日本で作られていたスモモの一種・ケルシーが販売される他、「里山みらい」による日本一の出荷量を誇る徳島県神山街産のすだちや、「アマンルーツ」の沖縄県産スターフルーツ、「Citron et Citron」の極早生みかんなども展開。さらに、果実は肉厚で高糖度な「Marche de fruit」のミニトマト・キャロル10や、生乳ソフトクリームのような上品な甘さが特徴の「森の野菜(komafarm)」のとうもろこしなども販売される予定だ。

また、自分だけのオリジナル「デコ庭」作りや、本物のお菓子にそっくりなフェイクスイーツの携帯ストラップを作るワークショップなどのイベントも多数開催される。

【イベント情報】
「太陽のマルシェ」
会場:東京都中央区勝どき1-9-8
住所:月島第二児童公園
会期:9月10日、11日
時間:10:00~17:00

《HEW》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト