BPQCが豊かな色彩と共に“知的な生活者”にむけて提案する秋の装い【BPQCのある暮らし】

fhpromotion fhpromotion

知的な生活者にむけて上質な暮らしを提案するブランドBPQCから、8月24日より16年秋冬シーズンの展開がはじまる。今シーズンからは、無彩色が中心だったラインアップに、季節の移ろいを感じさせる豊かな色彩を加えて提案。その世界観に沿ったコンテンツをウェブサイト(WWW.BPQC.JP )でも発信していく。

16年秋冬にBPQCが提案するのは、クールでありながら、どこかフェミニンな佇まいを感じさせるスタイル。ベーシックなアイテムの中にもBPQCが考える“心地よさ”をデザイン、ファンクション、プライスで表現する。

ワードローブに欠かせないアイテムの一つ、ミニマルな白のコットンスリムフィットシャツ(1万1,000円)は山形のファクトリーで縫製されたもの。ヨーク部分にゆるやかなカーブを持たせて縫うことで、心地良い肩の動きが実現する。また、シャツの両サイドの縫製には、メンズシャツの技法である極細の折り伏せ縫いを採用することで、肌へのあたりを柔らかくするなど、物を知り尽くした女性たちへの拘りが随所に込められている。

bpqc
フェミニンとクールのバランスが絶妙なコットンシャツ(1万1,000円)


また秋の装いをより上質なものに導く、日本の匠の技が込められたギャバジントレンチコート(6万9,000円)にも注目したい。200を越える工程があることから、その一つひとつの工程が高いクオリティで重ねられることで、凛としたシルエットと表情が生まれるトレンチコート。国内外の様々なメゾンのトレンチコートを手掛けるファクトリーの確かなアイロンワークと縫製技術により長く愛用したい“日本のトレンチコート”が完成した。

bpqc
200を越える工程を経て生まれた“日本のトレンチコート”(6万9,000円)


BPQCのベストセラーアイテムであるモカシンシューズ(1万円~1万1,000円)にも秋冬を迎えるための彩りが加わる。柔らかく発色の良い国産の牛革を使用し、神戸のファクトリーで仕上げたモカシンシューズは、インソールにクッション性を持たせ、3センチのインヒールを入れることで足馴染みの良い一足に仕上がっており、暮らしの中の心地よさを確かなものにしてくれることだろう。

bpqc
神戸のファクトリーで作られるBPQCのベストセラーアイテムの一つ「モカシンシューズ」(1万円~1万1,000円)


BPQCでは、16年秋冬シーズンの立ち上がりとなる8月24日から29日の期間、伊勢丹立川店2階=ギャラリースクエアで、“BPQCのある暮らし“を提案するポップアップショップをオープンする。季節の移ろいを感じられるBPQCの16年秋冬シリーズから、アウター、ニット、シャツ、パンツ、スカート、シューズなどに加え、上質な暮らしに欠かせない生活雑貨やリビングアイテムをセレクトしてそろえる。

また、同日よりBPQCのウェブサイトもリニューアル。BPQCが提案する感性と品性が共存した世界観をオンラインでも堪能できるように。また、BPQCの全アイテムの着用イメージも掲載されるので、スタイリングのイメージが広がりそうだ。

bpqc
ウェブサイトもBPQCのフィロソフィーを体験できる場としてリニューアル


今後は同サイトで、シーズンごとのルックや、ものづくりにおける“ストーリー”、BPQCの提案する世界観に共感した人々の暮らし方なども発信していく予定。BPQCのフィロソフィーを体験できる場として位置付けていく。

BPQCは2000年に当時伊勢丹のバイヤーであった故・藤巻幸夫氏が立ち上げたプライベートブランド。14年よりクリエイティブディレクターにSIMONE INC.のムラカミカイエ氏を迎え、現代の知的な生活者の価値観やライフスタイルに沿ったコンフォートベーシックを提案するブランドへとリブランディングを図った。現在は国内73店舗でBPQCのアイテムを展開している。

《編集部》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト