うれし、なつかし、鎌倉の文房具店「コトリ」【湘南日帰り旅】

Life Life

東京から電車に乗って約1時間。電車の窓から海が見えると、子供に戻ったようにワクワクした気持ちになります。都会の喧騒から離れ、サンダルに履き替えたら準備は万端!海と青空があなたの1日をハッピーにしてくれることでしょう。FASHION HEADLINEでは、そんな日帰り旅を叶えてくれる街“湘南エリア”に注目しました。

世代を問わず、大人も子供も楽しめる文房具店。ノートを新調する時や、工作で使う道具など、お小遣いで買いにいくのが楽しみだったあの頃…。その“ワクワクした気持ち”をもう一度味わえる場所が鎌倉市内にありました。

01


鎌倉駅から、由比ヶ浜方面に歩くこと約8分。巣箱のような可愛らしい外観と、昔ながらのガラガラドアが目印の文房具店「コトリ」。そして、店内にはあの文房具店特有の懐かしい香りが漂います。どこから見たらよいのか迷ってしまうほどの文具の数々。小さなお店に、宝物がたくさん詰まっている感覚は、まるで駄菓子屋さん。「これ使ってた!」と思わず口にしてしまう鉛筆や糊、見たことのないユニークで不思議な文具など、子供の頃に戻ったかのような幸せな時間を味わうことができます。

01


「コトリ」は、7人の文房具好きが集まり、オリジナルの商品と各地からお気に入りをセレクトした商品が集まるお店。「コトリ」のロゴをはじめ、鎌倉の大仏や、イチゴのパンツ柄、猫や、子供の顔など思わず微笑んでしまうオリジナルのイラストは、メンバーの1人でもあるイラストレーターひだかきょうこさんによって描かれたもの。とてもユニークで、遊び心ある文具は思わず収集したくなるほど。「銀座の月光荘画材店が大好きなんです」と話す店長の中村紋子さん。京都のSOU・SOUや、subikiawaのレターセットなど文房具好きが薦める、文房具や雑貨もそろいます。

01


そして、入口にずらりと並べられたペンコーナーでは、手帖に最適な0.3mmのペンや、記者がオススメするという芯が折れにくいシャープペン。そして「とにかく試してみて!」と、店長の中村さんが目をキラキラさせて薦めてくれたのは、トラディオ・プラマンのペン。試し書き用の白紙にペンを滑らせた時の心地良さに感動したほど。セレクトされたペンには、一つひとつにこだわりと特徴があり、話を聞けば聞くほどに、早く自分の筆入れに入れて持ち歩きたくなりました。

01


■ここで鎌倉・文房と雑貨の店「コトリ」のオススメNo.3

1.イツモアリガ糖配合 コレアゲール
斬新な名前の正体は、薬袋のようなデザインのギフトバッグ。お土産やちょっとした気持ちなどを贈る時に最適なペーパーバッグです。注意書きが、とにかくユニークで面白い!

01


2.ぽち袋
イラストレーターのひだかきょうこさんが手掛ける、ぽち袋シリーズ。孫や姪っ子へのお小遣いを渡す時にオススメです。雰囲気の似ている似顔絵を一緒に探すのも楽しそう。

01


01


3.コトリガチャ
レジ横にある、ハズレなしのガチャガチャ。カプセルに入った文字によって、手書きイラスト入りのマッチや缶バッジなどが貰えます。

01


今年で5年を迎える「コトリ」は、近所の商店街をはじめ、子供達に愛される街の文房具店。自然と笑顔になれるお店です。そして、好きなペンで誰かに手紙を書いてみたくなりました。文房具は心まで豊かにしてくれる魔法の道具なのかもしれません。

【店舗情報】
コトリ 鎌倉・文具と雑貨の店
住所:神奈川県鎌倉市大町2-1-11
電話番号:080-7008-7188
営業時間:11:00-18:00
URL:http://kamakura-kotori.com



--湘南日帰り旅--
>>海風を満喫しながらローカル気分! “海の食堂”で朝ごはん
>>秘密にしておきたい!湘南の家具屋のカレー屋さん
>>この夏からはじめたい、ハワイ発祥のアクティビティー“SUP”に挑戦!

《Sayuri Sekine》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト