コム デ ギャルソン・オム プリュス、「王様は裸だ!」【17SSメンズ】

Fashion Collection

川久保玲によるコム デ ギャルソン・オム プリュス(COMME des GARCONS HOMME PLUS)の17SSコレクションショーは、元リヨン銀行の複合オフィスビル、ル・サントリアルの地下スペースで開催された。

テーマは裸の王様。物や情報が溢れている中で自分を見失ってしまうのではないか、という危機感から服作りをスタートさせ、そんな状況を揶揄するために、透ける服を作ることを思いついたという。あがめ続けられて裸であることに気付かない王様のようになるな、というメッセージを突きつけられているかのよう。

様々な種類の半透明のポリウレタンを用いたコートや、PVC素材を用いたジャケットなど、透ける要素を持たせたアイテムで構成。これまではシャツとジャケットのそれぞれを組み合わせてひとつのルックを完成させてきたが、今シーズンは「素肌にテーラード」という提案をしている。ジャケットには芯地を用いずにソフトな風合いを持たせ、ライニングに敢えて表地を使用しているのも特徴。イタリアの画家、ピエロ・フォルナセッティ(Piero Fornasetti)の作品をプリントしたスーツも目を引いたシリーズ。プリントの表地をライニングに用いたジャケット、裏地を付けていないローエッジのジャケットには、グリーンやレッドなど、ハンドペイントされたレースアップシューズが合わせられた。

フィナーレでは、ボクサーショーツとシリコンゴム製のジレ、そしてPVCのコートやスカートをまとったモデルたちが登場。会場は大きな拍手に包まれた。

《Tomoaki Shimizu》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト