人とAIがダンスで共演。「旅するルイ・ヴィトン」展会場で森山未來、真鍋大度らによる一夜限りのパフォーマンス

Art Art

人とAIがダンスで共演。「旅するルイ・ヴィトン」展会場で森山未來、真鍋大度らによる一夜限りのパフォーマンス
  • 人とAIがダンスで共演。「旅するルイ・ヴィトン」展会場で森山未來、真鍋大度らによる一夜限りのパフォーマンス
  • 人とAIがダンスで共演。「旅するルイ・ヴィトン」展会場で森山未來、真鍋大度らによる一夜限りのパフォーマンス
  • 人とAIがダンスで共演。「旅するルイ・ヴィトン」展会場で森山未來、真鍋大度らによる一夜限りのパフォーマンス
東京の紀尾井町に隣接する特設会場「Volez, Voguez, Voyagez - Louis Vuitton(空へ、海へ、彼方へ ── 旅するルイ・ヴィトン)」展が6月19日まで開催されている。

1854年から今日までのルイ・ヴィトンの壮大な軌跡を辿る旅この展覧会は、昨年パリ、グラン・パレに続く東京での開催で、4月23日の幕開け以来、すでに10万人を超える来場者が訪れているという。

>>展覧会レポートはこちらから。

6月2日、この展覧会場で東京とパリの文化交流の一環としてイブニングパフォーマンスイベント「LOUIS VUITTON : DANCE WITH AI」が開催された。この日のために、一夜限りで集結したのは日本を代表するクリエーターたち。

企画・構成は『おおかみこどもの雨と雪』『告白』などの映画を製作した川村元気、ダンサーは俳優として活躍する一方で日本を代表する文化庁交流使としてダンスカンパニーに参加していた経験も持つ森山未来、ダンス演出はPerfumeの振付などを行うコレオグラファーのMIKIKO、映像演出はライゾマティクスリサーチの真鍋大度、音楽は「Perfume : World 2nd -Opening-」などの楽曲を提供しているevalaが手掛けた。

展覧会のテーマである“旅”がキーワードとなったパフォーマンスのテーマは“人間とAIが共演する、ミクロからマクロの旅”。森山未來は、人類がこの世に生まれ、最初の一歩を踏み出し歴史と共に進化していく様をダンスで表現し、訪れた人たちを人類の歴史の“旅”へと誘う。森山未来の背景を彩るのは、森山の踊りを捉えた映像と、太古から人類が描いてきた膨大な絵画のデータを、真鍋大度率いるライゾマティクスリサーチが深層学習(ディープ・ラーニング)技術で分析し生み出した新しい絵画。これまで人の目を通して描かれてきた絵画は、機械により生まれ変わり生身の人間のダンスと共演することで会場に異次元が表出したようだった。

なお本展は、東京都及びパリ市より「東京都-パリ市 文化交流事業」として制定されており、イベント当日は高円宮妃殿下や、ティエリー・ダナ駐日フランス大使も来場した。

【イベント情報】
「Volez, Voguez, Voyagez - Louis Vuitton」
住所:東京都千代田区麹町5丁目「旅するルイ・ヴィトン展」特設会場 
会期:4月23日~6月19日
時間:10:00~20:00(6月17日、18日は22:00までの時間延長が決定)
休館日:月曜日(6月13日は13:00~開館)
入場料:無料
*スムーズに入場するためオフィシャルサイト(www.louisvuitton.com)で時間予約も受付中。

《Iori Ihara》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト