ハナエモリ マニュスクリ、暗影に映る華麗な花々。無機物と有機物の融合を表現【16-17AWウィメンズ】

Fashion Collection

ハナエモリ マニュスクリ(Hanae Mori manuscrit)が3月15日、渋谷・ヒカリエホールAにて16-17AWコレクションを発表した。暗影の中に一輪の花。音と光に合わせて花が溶け込むような幻想的な映像をプロローグに幕を開けた。テーマは「無機物と有機物の融合」。

序幕の映像の中から、花びらがひとひら舞い散るように登場したのが、ボルドーを基調にしたワードローブ。ニットやフェイクレザーなど異素材が放つコントラストでスタイリングを展開した。アシンメトリーにカッティングされたラップ型のスカートや、ギャザーやタックで構築されたワンピース、そしてフリンジのようなウェーブがかったフェイクファー。モデルがランウェイを歩く形姿に、風に揺られる花々を重ねてしまったほど、計算し尽くされたシルエットが印象的だった。

ボルドーに続いたのが、ブラックやピーコックグリーンのカラー。これまでにないダークな色遣いの落とし込みは、デザイナーが得意とするパターンやシルエットに強調された。

中盤からは、大胆かつ鮮明にプリントされた花々のドレスが登場。歩く度にふわりとなびく黒のサテン生地に、肩や腕が見え隠れするようなカッティングを施し、強い印象の中に華美を彩る上品な女性像を描き出した。

そして、花につられてきたかのように現れたのが蝶々のシリーズ。ウール素材に流し込まれた色とりどりの蝶々には、携帯のカメラで撮影したプリントを採用した。また、一枚の生地にギャザーを寄せ作り上げた蝶々のあしらいが印象的だった。

《Sayuri Sekine》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト