カルヴェンのミューズはヒマラヤをバイクで旅するパリジェンヌ【16-17AWウィメンズ】

Fashion Collection

3月3日、アレクシィ・マーシャルとアドリアン・カイヨドーによるカルヴェン(CARVEN)は、パリ・チュイルリー公園内の特設テントを舞台に16-17AWコレクションのショーを開催した。

“ヒマラヤをバイクで旅したパリジェンヌがパリに戻ってきたら”という架空のストーリーをコレクションのインスピレーションとし、山々で拾った鉱石、そこで目にした地層、70年代と90年代に隆盛したスピリチュアルブームなどをモチーフにしている。

鉱石やパールのパーツを刺繍したシャツやスカート、地層をイメージさせるプリーツスカートやトップス、手と山と鉱石をモチーフにしたプリントのスウェットなど、テーマに沿ったアイテムが登場。またヒマラヤの人々の装いを想起させる、キモノ身頃のファーをあしらったドレスも見られた。

カラーパレットも仏教僧の袈裟を思わせるマスタードや、民族衣装に使用される赤やパープルなどを使用。綿入りのブルゾンやバイカーズジャケットなどのユーティリティウェアもミックス。鉱石をイメージしてレースをパッチワークしたトップスやドレス、鉱石パーツを縫いつけたラメのスカートとニットプル、鉱石プリントにレース刺繍を施したスカートとスパンコールトップなど、鉱石をモチーフにするだけでアイテムがアーティスティックな印象になるから不思議だ。

《Tomoaki Shimizu》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト