モダン&ユース、ラグジュアリーをプライベートシーンで演出するフェンディ【16-17AWメンズ】

Fashion Collection

バスローブやパジャマ姿で螺旋階段を降りて来るモデルたちは、メンズウェアが男たちの鎧だという言説をあざ笑うかのようだ。リラックスこそモダンラグジュアリーと言わんばかりに、ランウェイに敷かれたムートンの上を歩く。

フェンディ(FENDI)の16-17AWコレクションが1月18日、ミラノの同社ショールームで発表された。すべてがソフトでオーバーサイズ。コクーンシルエットのローブコートや太めのパンツ、ニットも手編みでサイズはゆったりとオフタートル。

ジャケットもゆったりしたボックスシルエットで、胸にはカートーンモチーフの吹き出しで「FENDI」のアップリケがあしらわれるなど、この数シーズン、テーマに用いられているユースカルチャーが継続。人気のバッグシリーズのピーカーブーやフェンディ・フェイスモチーフ、リュック、トレッキングシューズ風スニーカーなど、SNSのタイムラインを賑わしそうなキャッチーでポップなアイテムが続く。

カラーはブラウン、グレー、ブラック、ネイビーを基調にイエロー、レッド、ブルーが効果的に使用され、様々な年代のチェックがチェック・オン・チェックで提案。ファーに見えるウール、ウールに見せたファーなどの最先端なハイテク技術が素材に生かされている。

贅沢なレザーやファーのボリューム感と、そのアルチザンなテクニックはフェンディ家の3代目シルヴィア・フェンディがクリエイティブディレクターならではの贅沢さだ。

Text: 野田達哉

《野田達哉》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト