ジュンがNIKEと渋谷に新ショップ。職場や街でもスポーツウェアを着る「アスレジャー」の日本浸透を目指す

Trend Trend

9月19日、株式会社ジュン(本社:東京都港区、代表取締役社長:佐々木進)が、NIKE(ナイキ)の協力のもと、ファッションとスポーツの融合をコンセプトにした新業態「NERGY(ナージー)」の旗艦店を渋谷にオープン。

どういった点が新しいかというと、巷に広がりつつある「アスレジャー(Athleisure)」に焦点を当てた点だ。「アスレジャー」とは、昨今、米国の女性たちを中心に人気が高まっている、街中やオフィスにおいても日常的にスポーツウェアを着用するスタイル。ナージーでは、そうしたスタイルを気軽に取り入れてもらうための様々なウェアを中心に、スポーティな身体作りに役立つドリンクやバー、スポーツの似合う健康的な肌を支えるスキンケアアイテムまで取り扱う。ターゲットは日本人の現代女性で、同店を利用することで、より多くの女性に、外見だけでなく内面まで輝いてもらうことを目標に掲げている。

ちなみに、「ナージー」とは「エナジー」「シナジー」の頭文字を除いた造語。「来店することで、ポジティブな要素が複数重なったような大きな効果を感じてもらいたい」との思いを込めた。

オープンを翌々日に控えた9月17日、同店で開かれた内覧会で挨拶した佐々木社長は、「スポーツ好きにも初心者にも身近に感じてもらえるよう、シンプルだけど無機質になりすぎない内装にしつらえ、取り扱うアイテムは使い心地や着心地にもこだわって選んだ」とコメント。特に、運動時に着用するものに関しては、汗の渇きが速く、洗濯もしやすいポリエステル100%のものを多くそろえた。

また、自身も週に2度は身体を動かしていると言い、「出社前に走ったりジムに立ち寄ったりしているが、運動するようになってから脳にたくさん酸素が取り込まれるようになったからか、仕事へのモチベーションもアップした」と明かした。

内覧会には、モデルの道端アンジェリカと観月あこも登場。実際にナージーで販売されるウェアを着用した2人は「ビビッドな色で気分があがる」(道端)、「これなら着用したまま違和感なく街を歩けそう」(観月)とご満悦。

さらに道端は「今日は店に来た瞬間から買い物したい気持ちを抑えるのが大変だった」と興奮気味に語り、「普段、代々木公園で運動することも多いから、今度から気軽に立ち寄りたい」と笑顔を見せた。

ナージーでは、オープンを記念して、「NIKEスポーツブラ+NIKEスポーツタイツ+ナージー。オリジナルロゴパーカー」がセットになったスターターキットを販売。同キット購入者は、ナージー渋谷店地下1階にある「NIKE+TOKYO STUDIO」にて提供されている様々なトレーニングに優先的に参加できる。

また、11月19日には、ナージー第2号店となる総面積110坪の大型ストアをららぽーとEXPOCITYにオープンする予定だ。

《松本玲子》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト