自由が丘のノームコアなからあげ店「とよ田」【スタッフブログ】

Life Life

とよ田の手羽
  • とよ田のもも
  • とよ田の砂肝
少し前の話だが、自由が丘にある「ノームコア」という言葉が本当によく似合う、とても素敵なからあげ店に行ってきた。

きっかけは、誰かにおすすめされたわけでもなく、食べログで調べたわけでもない。「Sumally」でたまたま目に入った一枚のもものからあげの写真だった。レビューもなければ点数も付いていない。それでも行ってみようと思えたから不思議だ。なんともファッション的であり、インターネット的だ。

もう夕暮れの頃、自由が丘にいた私は、トゥデイズ スペシャル(TODAY'S SPECIAL)からイデーショップ(IDEE SHOP)にはしごをして、店先で行われていたフリーマーケットでアラビア(ARABIA)のヴィンテージのカップ&ソーサーを物色していた。ふと、とよ田の存在を思い出して電話してみた。(お腹が空いていたのだ。)人気店のはずだが運良くすぐ入れそうだったので、そのまま向かう。

店内は明るくて清潔感がある。基本的にメニューは、砂肝、手羽、ももの3つしかない。あとはお新香と〆の焼きおにぎりだ。本当にそれしかない。シンプルで潔いのだ。テーブルに置いてある調味料も塩としょうゆと七味唐辛子だけだ。七味唐辛子も浅草やげん堀や善光寺の八幡屋礒五郎ではなく、どこにでもありふれているヱスビー食品のものだ。こういうことをノームコアと呼ぶのだろうか。

ところで洋服やからあげに限らず、シンプルなものへの回帰の流れを、1ユーザーとして大変感じている。ラーメンだってシンプルで素材に拘ったものが増えたし、プティングだってクラシックでスタンダードなものが食べられる店が、また増えてきた。これは個人的にはとても嬉しい傾向だ。

さて料理は、お通しのオニオンスライス、砂肝、手羽、ももの順番に出てくる。まったく臭みがなくジューシーな砂肝の素揚げ、骨まで食べられる手羽のからあげ、皮はパリっと中はジューシーなもものからあげ。味付けに変化はないのだが、とてもバラエティを感じられる。そしてメニューにはないが〆に上品な味の鶏スープが出てくる。

シンプルが故に味を語っても陳腐になるだけなので、機会があれば体験してみてほしい。もしあなたが物足りなければ、帰り道に梅華の清湯麺を食べて帰ればいい。

【店舗情報】
とよ田(とよだ)
住所:東京都目黒区緑ヶ丘2-17-12
電話:03-3723-7683
営業時間:17:30~22:30(月~金)、17:00~22:30(土)
定休日:日曜、祝日

《FASHION HEADLINEディレクター 横山達也》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト