空中に絵が描ける世界初「3Dプリントペン」、MoMAデザインストアに登場

Design Design

東京・表参道のMoMAデザインストアは7月11日、ナカバヤシの3Dプリントペンの最新モデル「3Doodler2.0」体験コーナーを設置。参加者たちはボールペンで紙に絵を描くように、思い思いに立体アートを作り、「意外とかんたんに描ける」と笑った。

従来品と比べ、細く軽く、コンパクトになった3Doodler2.0。消費電力や動作音も大幅に減少し、「誰でも扱いやすいペンに進化した」という。

ナカバヤシ担当者は、「今回はまず、紙に普通のペンで下書きし、そこに3Dペンでプラスチックを盛っていく感じで描いていく。平面で各パーツを作って、次にそれらを合体させて立体モデルに仕上げていく」と説明。

「最初は違和感があったけど、描いていくうちに、普通のペンと同じように立体の絵ができていく感じ。意外とハマる」と参加者。描き方をアドバイスしていた担当者は、「慣れてくると、空中にダイレクトに描けるようになる。時間が経つのも忘れてしまうほど、夢中になる」と話していた。

空中に絵が描ける世界初の「3Dプリントペン」…最新モデルはより細く軽く

《大野雅人》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト