百貨店業界初のパーソナル包み紙イベント、松坂屋上野店が“父の日”に向けた「オクリモヨウ」実施

Biz Biz

松坂屋上野店が6月17日から21日まで、百貨店業界初のパーソナル包み紙イベント「オクリモヨウ」を開催する。

「オクリモヨウ」は、マーケティング・コミュニケーションの総合シンクタンク「宣伝会議」が発行する専門誌『販売会議』とのコラボレーション企画。昨年の販促会議企画コンペティションにおいて大丸松坂屋は、近年百貨店離れが危惧されている若者を百貨店に呼び込むための施策を募集しており、コンペティションでブロンズを受賞した同企画を父の日に併せて実施するに至った。

同企画は、自分の好きな写真を用いてオリジナルの包み紙をデザイン出来るサービス。事前に特設サイト上でお気に入りの写真を使ってオリジナルの包装紙を作成し、IDを取得しておけば、松坂屋上野店本館1階の北口アーケードにある特設カウンターでギフトラッピングに使用出来る。一般的に写真入りのギフトは注文から商品到着までにやや時間がかかるのが欠点だが、「オクリモヨウ」ではデザインから受け取りまでを1日で可能にしている。

父親に日々の様子を写真で伝える、贈り物を通しての近況報告にもなり、普段はなかなか話せない父親へのプレゼントにはピッタリ。なお、同サービスは対象売場で購入をした人を対象にしたもの。価格は1包装500円となっており、対象売場で父の日ギフトを5,400円以上購入すると包装は無料となる。

《HEW》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト