「メキシカンフード」ブーム到来。タコベル上陸、GYG、タコ リッコ等ニューオープンラッシュ

Life Life

今年4月、都内でメキシカンフードを提供するショップが続々とオープン。以下の5店舗は全てニューオープンや日本初上陸のショップばかり。手早く食べられるファストフード感覚のショップから、ダイニング感覚で楽しみたいレストランまで、楽しみ方は色々。また新鮮な野菜をたっぷり使用したタコスなど、メキシカンフードには美味しくてヘルシーなメニューが多い点も高ポイントだ。今盛り上がりを見せているメキシカンフードに、大きなブームが到来するかもしれない。

■タコ リッコ
4月8日オープンの「タコ リッコ(TACO RiCO)」(東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル2階)は、注文ごとに手作りするメキシカンタコスとブリトーの店。店内で焼き上げるコーントルティーヤに10種のスパイスで仕込んだ肉を包み、フレッシュなサルサソースで味わう本格派。

■アロハアミーゴ
4月に本格始動を開始した「アロハアミーゴ(Aloha Amigo)」(東京都渋谷区神宮前5-16-13 シックスハラジュクテラス)は、ハワイアンとメキシカンが融合した新ミクスチャーカフェ&ダイニング。タコスをはじめ、ウェルネス&スパイシーな料理やドリンクをラインナップする。

■GYG
4月29日に日本初上陸した「Guzman y Gomez(グズマン イー ゴメズ/略称GYG)」(東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿2階GOOD MEAL MARKET内)は、世界50店舗以上を展開するオーストラリア発のメキシカン・プレミアムファストフード。カジュアルでクイックにタコスやブリトーを楽しめると人気が高い。

■タコベル
4月21日に日本1号店がオープンした「タコベル(Taco Bell)」(東京都渋谷区道玄坂2-25-14)は、1962年にアメリカで創業して以来、世界6,000店舗以上を展開するメキシカン・ファストフード。フレッシュなタコスやブリトーの他、日本限定で「シュリンプ&アボカドブリトー」や「タコライス」を提供する。

■オータコス
4月27日グランドオープンの「オータコス(O’tacos)」(東京都港区新橋3-14-1 KAZUMI BLD.1F)は、高品質のメキシコ産・国産材料にこだわった地中海地域由来のパストール・タコスがおすすめ。100種以上のテキーラやアステカ伝来のチョコラテなどドリンクにもこだわった。

《K.H》

関連ニュース

特集のニュースをみる

PCサイト